他人事ではない突発性難聴の症状|誰でも起こる可能性がある病気

コミュニケーションの道具

聴力が低下した人・難聴の人を支える大きな道具となるのが補聴器です。聴力が低下したままだと人とのコミュニケーションもとりづらくなりますし、日常に発する様々な音に気付かないこともあります。自分の生活のためにも、聞こえづらいと感じたら我慢せず補聴器の導入をおすすめします。

誰にでも起こりうる病気

病院

よくある急なめまい

アラフォー世代や中年と呼ばれる人たちの話題によくあがるのが、突発性難聴。一番働き盛りの年代であり、毎日のストレスから突発性難聴が起こりやすくなるようで、急なめまいのあと、ひどい雑音がして、聞こえづらくなったというのがよくある傾向のようです。そうなったときに、できるだけ早く耳鼻科を受診する必要があります。この雑音がつらい人もいるようで、突発性難聴を起こしてから、しばらくは耳元で叫ばれているような大きな音に感じることがあります。この世代で話題にあがる突発性難聴の人気の治療法は、ステロイド剤の点滴。完全に回復する人もいるようです。そのほかにも、大きな病院で、高圧酸素療法といったものもありますが、基本的にできるだけ早く治療を開始し、安静にして、医師の指示に従うのが最善の方法です。現在は入院でなく、通院でも対処してくれる病院があります。

早く治療を開始する理由

よく突発性難聴になってから、仕事が忙しいので放置していたという話を聞きます。確かに働き盛りですから、ちょっとやそっとのことで仕事を休めないのも分かります。しかし、そのまま放置しておくと、治療することが難しくなってしまいます。突発性難聴になってしまった仲間の口コミによりますと、医師に聴力が固定しないよう、必ず毎日病院に来なさいといわれ、誠実に指示を守った結果、ちゃんと元に戻ったという話を聞いたことがあります。また、難聴のときにつきまという、「蚊の羽ばたくような、キーンと言う音がうるさくて眠れなかった。」という話も聞きますが、この雑音も、ほんの少しずつ気にならなくなったという話を聞きます。とにかくストレスの元になりがちな原因を取り除くことが大切です。点滴などの治療のほかに、安定剤などの飲み薬を処方されることもあります。

加齢による聞こえにくさ

加齢により誰でも難聴になります。補聴器を利用すれば聞こえをサポートしてくれますが、すべてのシーンで役立ってくれるわけではありません。自分に合った補聴器を正しく使い、快適な生活が送れるように工夫しましょう。

症状を短時間で見分ける

急性鼻炎や急性副鼻腔炎は症状を見落としてしまうと、鼻だけでなく眼や頭にも痛みを覚える事になる病気です。新宿の耳鼻科のように、短期間で症状を見分けてくれる医療機関を頼って、早期に症状を改善する事を考えなければいけません。