他人事ではない突発性難聴の症状|誰でも起こる可能性がある病気

コミュニケーションの道具

耳

聞き取れるだけではない

補聴器は聞こえづらい音を聞きとれる優れた道具でありますが、それだけでなくその他にも様々なメリットが得られます。実は耳が遠い方は人の言葉が上手く聞き取れないだけでなく、自分自身の声も聞き取りにくい傾向があります。なので、話す相手も聞く相手も必要以上に大声を出さないといけないので、ちょっとした会話にも苦労してしまいます。補聴器なら音の聞き取りが実現するほかにも、家族や友達に友人方とのコミュニケーションも円滑にしてくれるのです。自分の声もきちんとも聞き取れるので、声の調子や発音も戻ってこれまで通り人とのコミュニケーションがはかれます。また、聴力が低下してくるとテレビの音量を大きく上げがちになりますが、大きすぎると他の方の迷惑になってしまいます。そのようなことも解決してくれるのも補聴器の大きなメリットです。これだと、家族みんなでテレビ視聴が楽しめます。

ずっと使っていくために

補聴器にはいくつか種類があり、それぞれ異なった特徴があります。主流は外マイク耳あな型・耳あな型・耳かけ型・外耳道内レシーバー耳かけ型となります。購入する際は、お店の方との入念な相談の元、生活環境や使い心地に適した補聴器を選んでいきましょう。補聴器は厚生労働省での審査の元、正式に医療機器として販売されています。認定される条件は厳しいので、確かな技術や安全性を持っている物だけが店頭に出される仕組みです。補聴器は購入しただけで終わりとはなりません。症状に合わせたフィッテングや定期的なアフターケアが必要となるため、購入したお店とは長く付き合っていくことでしょう。なのでお店の対応は重要なポイントです。こちらの悩みを真摯に受け止めていくれて、親切にサポートしてくれるお店を選ぶと良いでしょう。