他人事ではない突発性難聴の症状|誰でも起こる可能性がある病気

加齢による聞こえにくさ

ウーマン

耳の老化は50歳から

人間は誰しも老化現象から逃れることはできません。目の老化は40歳頃から始まると言われていますが、耳の老化は50歳頃から始まり、60歳頃になると自分で自覚するようになると言われています。個人差はありますが、多くの方が60歳頃から加齢性の難聴に悩まされるようになります。難聴には音の機械的振動が伝わらない伝達難聴と音を感じる神経に障害が出る音感難聴がありますが、加齢によって悩まされるようになるのは音感難聴です。左右両方の耳の症状が同時に進行するのが特徴で、高音部から聞こえにくくなり高音の耳鳴りを伴うこともあります。治療法がないため症状を緩和するには補聴器を利用するしかありません。自分に合った補聴器を利用することで、不便を感じることなく生活することができます。

聞こえの程度と生活

私たちの耳には有毛細胞という音を感じる細胞がありますが、加齢とともに徐々に細胞数が減っていきます。一度細胞が減ると、有毛細胞は再び増やすことはできません。そのため、加齢とともに難聴になるのは仕方がないことなのです。加齢性の難聴は、音が小さく聞こえるのに加え、音が歪んで聞こえることもあります。そのため、大きな音を出せば聞こえやすくなるかというとそうではありません。補聴器を使用する場合も、人ごみでは小さな声は聞こえず、大きな声は歪むことがあります。家庭などで1対1で話をする場合は補聴器はかなり役立ってくれますが、人ごみでは効果はあまり期待できません。補聴器を利用する場合は、使い方を守りできるだけ快適な生活ができるように工夫しましょう。